Change cars.com みんなの愛車選び応援サイト

あなたのカーライフが素敵なものになるように、乗り換えや愛車選びに役立つ情報をご提案していきます。

お得に車を買う方法

どうすれば安くなる?車を乗り換えるとき覚えておきたい得する方法

投稿日:2018年1月23日 更新日:

これから新しいクルマを購入したいと考えているあなた。
いざ購入する車を購入する時、営業担当のセールスマンから大きな割引を引き出せずハンコを押した経験はありませんか?

実は車を安くお得に購入するためには、ちょっとしたコツがあるのです。
ひとつひとつの方法は簡単ですが、実際に全てを行うのは少し面倒かもしれません。

それでもほんの少しの手間をかければ、10万円以上もお得に車を購入できることが珍しくありません。

今回はあなたが車の購入で損をしてしまわないよう、「実際にディーラーで新車を安く購入する際のコツ」を説明していこうと思います。

 

 

 

 

 

 

【交渉の準備編1】まずは欲しい車の情報を集めましょう

すでに欲しい車がある場合には、雑誌やインターネットで欲しい車の情報を集めていると思います。
その車の特徴やサイズ、走り、安全性などを調べ終えたら、交渉の武器となる次の項目も確認しておきましょう。

  • 実際に購入したい販売店
  • 車の価格と値引き相場
  • ライバル車は何か
  • 競合店はあるか

などの情報です。

 

例えば、トヨタのアクアが欲しいのであれば、情報は下記のようになっています。

実際に購入したい店舗

アクアであれば「ネッツトヨタ◯◯店」などです。

実際の交渉相手になりますので、「自宅が近い」、「評判が良い」などの情報を比較検討し、購入したい店を決定します。

調べ方:はじめは単純にメーカーサイトで検索しても良いですし、実際に冷やかしで遊びに行って雰囲気を見てもOKです。交渉前に店頭を訪れる際は軽く雰囲気を見るだけが吉。
準備不足でいきなりアクアが欲しいというと、終始営業マンのペースにハマって損をしたりします。
時間があれば競合店で練習しておく手もあります。

 

ライバル車を調べる

アクアのライバルはフィットハイブリッド、ヴィッツハイブリッド、デミオなど

 

実際に値引き交渉を行う際、比較して競合させる対象(ライバル車)を知っておきましょう。

特にライバルの特徴やサイズ、走り、安全装備、性能、値引き額などです。このときライバル車を販売するディーラーにも足を運び、ある程度の値引きを引き出して「見積もりを取っておく」ことが大切です。また、ライバル車と比較して、欲しい車の劣っているところも知っておくと、
「デミオの方が加速がいいから迷うなぁ」「フィットの広さも捨て難い」などといえるので、担当の営業マンから好条件を引き出す交渉の際に有効です。

調べ方:欲しい車と同様にネットのレビューサイトや雑誌など、当サイトの車の紹介記事でもOK。
価格や値引きについては下記を参照。
実際にディーラーに足を運び見積もりをもらうことも忘れずに。

 

 

 

車の価格と値引き相場

アクアの車両本体価格:1,785,240円~2,538,000で、値引き相場が15万円前後。

実際に交渉する際、見積もり価格が本当にお得なのかを判断する指針になります。
例えば値引き相場が15万の車種で、10万で契約するとお得感がないですね。

調べ方:メーカーの公式ページでも良いのですが、新車見積もりサイトが比較できて便利です。
新車見積りは「■ネットで見積り簡単比較■ オートックワン無料オンライン新車見積り!
値引き相場は「グー新車」が便利です。

どちらも無料で利用できます。

 

競合店はあるか

アクアであれば、ネッツトヨタ、トヨタカローラ、トヨペットのうち残り2店。

 

同じ車でも販売チャネルが別であれば、経営する会社も異なることが多い為、ライバル車と同様にそれぞれの会社で見積りを取て比較させます。

調べ方:ライバル車と同じですが、マツダならオートザムとマツダ。ルーミーなどのOEM販売車ならトヨタとダイハツ、スバルなど、同じ車を販売している知識を知っておくと良いでしょう。

 

 

【交渉の準備編2】今の車を高く買い取ってもらおう

PublicDomainPictures / Pixabay

買取り専門店で査定しましょう

値引きを増やす方法ではないのですが、現在使用しているお車を高く買い取ってもらうことで、結果的に出費を抑えて安く購入することができます。

一般的にディーラーで愛車を下取りしてもらうより、買い取り店で査定を依頼する方が高く売る事ができます。

考えてみるとディーラーは新車の販売が収益の主軸です。
中古車を下取りした場合、販売時にはメンテナンス頻度もわからず、故障と保証のリスクもあります。
下取りした車が不良在庫となると、オークション出品など色々と手間や費用がかかります。
そういった意味でも、下取りに大きな予算は取れず、お客様へのサービス以外にディーラーが高く下取り車を査定する理由がないのです。

対して、中古車販売を主軸にしている買い取り専門店では、自社が得意とする車種(日産GTR専門、ロータリーエンジン専門、ジムニー専門など)やジャンル(スポーツ・SUV・外車・軽・キャンピンングカーなど)を持っていたり、売れ筋の車種を熟知していたりする為、自社にとって商品価値のある中古車を他社より早く仕入れ、より多くの利益をあげようと考えます。

例えば、ある10万キロ走った20年前のスポーツカーをディーラーで下取りしてもらうと5万円でした。
しかし、GTカーを専門に扱う中古車販売店では自社で修理・カスタマイズして販売するので、30万円で買い取ることができる。
なんてことも普通にあります。

また、査定費用・手数料は無料なので、ディーラーと同額の場合でも買い取り専門店がお得です。

中古車には車種ごとの買い取り相場がありますが、ターゲットが変われば、必ずしも価値が同じになるとは限らないところがポイントです。

そのため、買い取り専門店は中古車を仕入れることで利益が出ることから、予算も多めに設定することができて査定が高額査定になるのです。

 

買取り店専門を探す方法ですが、1件1件訪問すると時間もかかり効率が悪いです。
また、店側の都合の良い値段を提示されることが多ため、インターネットで一括査定を行う方法が効率的です。

一括査定であれば、買い取り業車は他社よりも早く商品となる中古車を確保したいため、予算の範囲で高額の査定額を提示するからです。

 

一括査定でオススメサイトは

無料一括査定サイトでオススメのサイトは、
高価買い取り率で評価が高い「ズバット車買取比較」と「かんたん車査定ガイド」です。

無料一括査定サイトは、少しでも高く買い取りしてくれる業者を探したい方にオススメです。

登録している買取り店が非常に豊富で、それぞれのサイトで一括査定の登録を行えば、ディーラーの下取り価格以上の査定が提示される確率も高くなります。

一括査定に登録すると、各買取り専門店の担当から電話がかかってくるので、少し時間のある休日などに登録する方が良いでしょう。

一括査定サイトのサービスは基本無料で利用することができます
査定の金額が納得できない場合には、車を売却しなくても料金を請求されることはありません。

ただし、売却する契約を交わした上でキャンセルとなると、問題になる場合もありますので注意しましょう。

 

 

 

一括査定以外でオススメのサイトは

多数の買取り業者に一斉に査定を依頼して競合させる「一括査定サイト」は、車を少しでも高く買い取ってもらいたい方にとって、非常に有効な方法です。

しかし、「たくさん電話がくるのは苦手」、「忙しくて電話の対応をする時間がない」などの理由で、一括査定サイトの利用に踏み切れない方が多いのも事実です。

そんなときにオススメなのが、中古車情報誌「Goo(グー)」でおなじみの株式会社プロトコーポレーションが運営する「グー買取」です。

「グー買取」は上記のような「一括査定」ではなく、お車の情報を入力後に買取り相場が提示され、登録されている買い取り店の中からユーザーが自分自身が選択して査定を依頼するスタイルになっています。

車を売却したいユーザーと買い取り店をつなぐマッチングシステムといった感じですね。

買取店に情報が一斉配信されることがないため、営業マンから電話がかかってくることはありません

もちろん、一括査定サイトのと同様に無料で利用できます

時々通販サイトのギフト券があたるキャンペーンを行っていることもあるので、うまく当たればさらにお得です。

すぐに車を買い換える予定がない方でも、使用している車の相場が無料でわかるので、まず登録して査定を依頼しておいても損はありません。

 

 

いざディーラーへ! 交渉する担当者は「あなたが話しやいタイプ」を狙おう

さて、いよいよディーラーでの交渉がスタートです。

店頭で交渉する担当は、あなたが話しやすいタイプを狙いましょう。

優しそうなおじさん、若手のイケメン社員、可愛い女の子、基本的に誰でも大丈夫です。

どんな相手にでも気兼ねなく交渉できるという方は、あまり気にする必要はありません。

 

 

欲しい車種のグレードを決めていこう

まずは欲しい車種と大まかなグレードを決める相談を始めましょう。

どうしても欲しいオプションや安全装置などがあれば、遠慮なく担当の営業マンに伝えます。

車は各車のグレードによって、標準装備となる機能やメーカーオプションが異なります。
車種によりますが、安いグレードの車にオプションで欲しいものをするより、初めから上位のグレードで購入した方が金額的にお得なこともあります。
ある程度の希望を伝えることで、適切なグレードを営業マンが提案してくれるはずです。

 

グレードが決まったら、そこから追加したいメーカーオプションとディーラーオプションを選択。

その時点で1度目の見積書を作成してもらいましょう。

 

 

 

 

いよいよ値引き交渉へ

最初の見積書ができたら、値引きの交渉に入ります。

時間がない場合は日を改めても大丈夫です。

こちらの希望を伝えると、担当の営業マンからも色々な提案があるので、あせらず根気よく交渉することが大切です。

 

ここで重要になってくるのが、「ライバル車の見積もり」と「競合店の見積もり」です。

会話の中で「ライバル車より劣っている部分」や「車体価格」、「競合店の割引き額」などを提示して、より多くの値引きを引き出していきます。

ある程度の値引きを引き出すと、担当営業マンが渋りだすので、そこでもう一歩踏み込むと、店長(所長)さんなどに相談して限界値を引き出せると思います。

その際に有効なのは、自分でさらに一歩を切り出しにくいときは「◯◯万円くらいなら親が出してくれるかもしれないんだけど」、「妻の了解が」などのズラしのテクニックもあます。他人のせいにしても良いので、羞恥心は捨てて行ってみることが大切です。

 

 

交渉の条件は伝えておこう

ある程度の車種(グレード)を絞って、交渉を開始したら、先に取っておいた買取り専門店の査定を使用して、「今乗っている車は買い取り店で売るつもりだけど、下取りで◯◯万円以上くらいになるならこちらで下取りも考える」と伝えておきましょう。

それ以上の下取り価格になるようであれば、査定費用と手数料を差し引いた額が、買い取り店の額を上回るならディーラーで下取りしてもOKです。それ以下なら、買い取り専門店で売りましょう。

営業マンが「下取り価格を考えて値引き額を出している場合もある」ので、後で交渉が面倒なことにならないためにも、先に「買い取り専門店に査定をお願いしている」と伝えておいた方が安心です。

 

担当の値引き額には限界がある

営業マンはある程度までの値引き権限を与えられていますが、その金額を超えた値引きを行う際には営業所の責任者である店長さんや所長さんの許可が必要です。

例えば、
アクアの見積もりを取る段階で、「営業マンの権限で10万円まで値引きはOK」と決められているとします。
お客さんがオプションをつけて値引き交渉をし、見積もりを出してもらったところ、205万円になりました。

そこでお客さんが「この5万円カットして、ぴったり200万円になるなら買えるかな」と伝えると、担当の営業マンは「少々お待ちください」と奥の事務所に入って何かを確認している。

そんなシーンを見たことはありませんか?

ここで最後の5万円の値引きについて可否を判断しているのが、その店舗で値引き額の最終決定権を持っている店長さんや所長さんです。

これはタイミングにもよりますが、決済時期に販売会社はメーカーの目標販売台数を達成することで報奨金が出るようになっています。
あなたが交渉している時点で、新車の販売台数が営業所の販売ノルマをあと1、2台で達成できるとした場合、値引きの限界額を多少オーバーしても、報奨金でカバーできるため、1台の販売を優先してくれるはずです。

そんなときに苦手なタイプの担当さんでは「この5万円カットして」と最後の一言がいえない事があるかもしれません。

そういった意味でも、あらかじめ話しやすい担当さんを狙うことが重要です。

 

 

 

車のグレード・大まかな値引き額が決まったらオプションのおまけを狙う

値引きの金額が限界になって、営業さんが「もうこれ以上は無理です」ということになったら、車体の値引きは諦めてオプションをサービス(おまけ)してもらって、実質的な値引きを引き出しましょう。

狙い目は「メーカーオプション」ではなく「ディーラーオプション」です。

車体価格の値引き最大額は店長(所長)の権限とはいえ、やりすぎると営業所の利益がなくなるため限界があります。
「メーカーオプション」は工場出荷時に車体に組み込むため、店舗側の利益も少なくサービスでつけるのは難しいですが、「ディーラーオプション」なら店舗の利益幅も大きく、すでに在庫を持っている場合もあるため、サービスできる幅が大きくなります。

 

ディーラーオプションでサービスしてもらいやすい具体的なものとしては、フロアマットやドアバイザー、ドリンクホルダーに置く灰皿やETC車載機、ETCセットアップ費用などです。

店舗に在庫があった場合、サービスでつけてもディーラー側に大きな損害がないところがポイントです。

なお、個人的にはETC車載機が狙い目

現在、ETCシステムは新たに「ETC2.0」という規格の普及を進めており、ETC2.0規格の車載機を装備することで、ITSスポットとの高速・大容量、双方向通信による運転支援サービス(情報サービス)を受けることができるようにインフラの整備を進めています。

しかし、地方で生活されている方は、たまに高速道路を使用することがあっても、ETC2.0が普及するまでの間、機能を享受できる環境にないことがあります。

その場合、旧規格のETC車載機であっても、高速道路の出入り口での自動料金決済や時間帯割引などは適応できますので、旧規格のETC車載機で十分ということになります。

ETC車載機は車種専用のオプションではなく、どの車にも取り付けられる汎用品です。
店頭に古い車載機の在庫があることも多いです。
在庫さえあれば、車載機&セットアップ(1〜2万円)のサービスを引き出しやすいと思います。

アクア(アクセサリー) 画像出典:http://toyota.jp

 

 

ハンコを押す前に諸経費をカットしよう

車庫証明取得費用

車の所有者が保管場所を確保していることを証明するための書類です。
お住いの市町村によっては不要なこともありますので、購入時に確認しましょう。

ディーラーや販売店でお願いすると、代行費用で約1万円前後が必要です。

自分で行う場合、概ね2500円〜3000円となります。
お住いの都道府県によって金額に多少の違いはありますが、「保管場所証明申請書代金」と「保管場所標章交付申請書」の費用ですので数百円程度の差額です。

手続きは最寄りの警察署で書類を受け取り、保管場所の場所&地図、駐車するスペースの寸法などを記載して提出します。

数日後に最寄りの警察署が現地を確認。問題なければ2日〜7日ほどで発行されます。
私は東京都と高知県で2度行いましたが、分からないところは最寄りの警察署で聞くと丁寧に教えてくれました。

 

 

納車費用をカットして1万円

購入した車を販売店から自宅(または任意の場所)まで届けてもらう費用です。
地方の都市などで、ディーラーまでの公共交通手段が少ない場合には便利ですので、利用される方も多いはず。

遠方でなければ、費用は大体1万円前後

通常、販売店まで取りに行くことで節約することができます。

自宅への納車をお願いする場合、条件としてサービスにしてもらうことも可能ですので、交渉してみる価値はあります。

 

下取り査定料・手数料カットでさらに1万円

意外に思われる方が多いのですが、ディーラーでは下取りの車がある場合に査定料・手数料が必要です。

実際の費用は5千円〜2万円程度となり、手数料は「下取り手続き代行費用」と書かれることもあります。

「手数料(下取り手続き代行費用)」とは、下取りで買い取った車は必ず名義変更を行うか、登録の抹消(廃車)を行う必要があり、年度末までに手続きが終了していなければ、元の所有者に自動車税の納付書が届くことになります。

この手続きは車を登録する地域の「陸運局」や「軽自動車協会」で行います。
ディーラーでは「現地まで行って手続きを行う人件費」または「代行費用」、「実際に手続きに必要な実費」を手数料として請求しているのが一般的です。

カットしてくれる場合もありますので、下取りに出す際には交渉してみましょう。

なお、クルマ買取りの専門店に売却する場合、基本的に査定料・手数料は無料です。

 

買取りの専門店なら査定料・手数料は無料ですので、買取り専門店なら同額の査定であっても1万円のプラスになります。

ディーラーでの査定で「下取りは5万円」と言われていたとします。
通常はこの値段から査定料・手数料(約1万円)を引かれるので、実際の下取りで残るのは「4万円」です。

基本的に車の買取り価格には相場があり、中古車販売店が力を入れているジャンル(軽自動車・SUV・スポーツカー専門店など)であれば、より高価になることはあっても、逆にディーラーの下取り価格よりも安くなること少ないと言われています。

見積もり時にディーラーで下取り査定を行って、希望価格以下で下取りを断った場合には、査定料は請求されないことが多いのです。
しかし、ディーラーでは全体の値引きとして、下取り価格をアップしている場合もあり、後になって下取りを断ると嫌がられたり、強引に押し切られることもあります。

買取り専門店の利用を考えているなら、あらかじめ買取り店で査定を出しておき、ディーラーで下取りの査定する際の担当に「買取店では◯◯万円だった」と伝えて査定アップを狙うか、「下取り車はなし」と言っておく方が交渉はスムーズに進みます。

 

 

廃車・事故車など査定0円の下取りは逆に費用がかかる

ディーラーの下取り注意していただきたいのは、ボロボロで走行距離が多い車であったり、不動車や水没車・事故などで廃車になる車の場合です。

現在のお車の査定が0円、または下取り査定料・手数料より安くなった際には、下取り査定料・手数料が必要になるため、逆に追加の費用が発生し値引きからマイナスになってしまうことがあります。

実質的に値引き額が減少するのと同じです。

 

事故車や水没車などの不動車でも専門の買取り店もある

もし、現在の車が事故車・不動車・水没車などであれば、「事故車買取の<タウ>」や「廃車・不動車の買取 廃車無料見積・査定サービス」の無料査定を利用してみると良いでしょう。

 

最後のダメ押しは「燃料を満タンで!」

全ての見積もりが確定して、もうこれ以上は無理の時、最後のダメ押しで使えるのがこの方法です。

納車時に満タンのサービスを行うディーラーもありますが、納車時の車には最低限の燃料しか入っていないのが一般的です
もちろん断られることもありますが、言ってみる価値はあります。

やり方は簡単。

新車契約成立のハンコを押す前に、
担当者の方に笑顔で、
「納車のときに燃料を満タンでお願いできませんか?」
と聞いてみましょう。

無事にOKとなれば、実質的にはレギュラーガソリンエンジン車で平均5千円。
クリーンディーゼル車で平均3千円の値引きが成功したのと同じ条件になります。

たかだか燃料と言っても、クラウンやアルファードなどの大型の乗用車は燃料タンク容量が70Lで、油種もハイオク(無鉛プレミアム)指定となっています。
ハイオク1Lが140円の時期だとしたら、その差は1万円近くになりますよ。

 

まとめ

いかがでしたか?

お得に車を買い替えようと考えるのなら、単純に車体の金額を減らす「値引き」にこだわらず、追加オプション付加や不要なサービスのカットなどを行い、最終的に支払う金額を減らすように調整していきましょう

特に現在使用しているお車を高く売却することができれば、実質的に安く車を購入するのと同じことです。

また、ディーラーで車両の値引き交渉をする際、さらに5万円の値引きを引き出すよりも、買い取り専門店を比較して、5万円高く買い取ってくれる店舗を探す方が簡単だということを知っておいてください。

そうすることで頭金にも余裕が生まれ、無理なローンを組むことも避けられますし、購入するお車のグレードをアップしたり、欲しいオプションを諦めずにすむかも知れません。

それでは、あなたが最高の愛車と出会えることを願っています。

-お得に車を買う方法
-, , ,

テキストのコピーはできません。

Copyright© Change cars.com みんなの愛車選び応援サイト , 2019 All Rights Reserved.