Change cars.com みんなの愛車選び応援サイト

あなたのカーライフが素敵なものになるように、乗り換えや愛車選びに役立つ情報をご提案していきます。

お得に車を買う方法

中古車販売店・個人売買?お得な格安中古車を探す方法とは

投稿日:2018年2月2日 更新日:

欲しい車があるけど絶版になっていて、なかなかに欲しい車がでてこない。
通勤や通学のためどうしても車を買いたい、でも予算が足りない。

やっぱり諦めるしかないのかな?

いえいえそんなことはありません。

そんなときはやっぱり、中古車検索を使うのが定石です。

しかし、中古車と言っても高価な場合もあり、どうすれば安く車が手に入るのか迷っている方も多いでしょう。

今回はそんなあなたに、個人情報や中古車販売店で比較的安心できる格安の中古車を探す方法をお伝えします。

 

 

 

中古車は水物であることを覚えておこう

中古車を探す際、まず覚えておきたいことのひとつが「中古車は水物である」ということです。

新車は限定車でもないかぎり、注文すれば時間がかかることがあっても納車されます。
しかし、中古車は1台1台が品質も違い在庫が常に変動しています。

中古車雑誌などで見つけて、店舗に問い合わせても何日も前に売約済みなんてこともよくあることです。

それでは、あなたにあった中古車をどうやって探すと良いのか、提案していきたいと思います。

 

 

まずは欲しい車のタイプと予算を決めよう

まずは用途に応じたボディタイプを決める

roadster

すでに欲しい車種が決まっている方なら良いのですが、「とりあえず何でも良いので車が必要」という方もいらっしゃると思います。
そんなときは、まずはあなたが購入したい車のボディタイプを決めます。

ボディタイプとは車の形状を表す種類のことで、情報誌や検索サイトでもボディタイプ別に検索を行うことができます。
これさえ決まれば、中古車販売店でも「50万円の予算でミニバンが欲しい」と伝えたりすることができます。

購入する車のボディタイプは、あなた自身のライフスタイルや使用するフィールド(市街地・郊外・アウトドア・駐車場の広さなど)を元に決めていくのが正解です。

例えば、維持費の安い「軽自動車」が欲しいとか、家族を乗せる「6人乗りのミニバン」が欲しい。大きな荷物は積むけど自宅マンションが立体駐車場なので全高の低い「ステーションワゴン」にしよう。などといった感じです。

ボディタイプについて詳しくは、こちらの記事でも書いています。

クルマのボディタイプって? ボディタイプ別の愛車選び

これからクルマを購入したいと考えているあなた。 どんなタイプのクルマを購入したいのか、そのクルマがあなたにとって良いクルマなのかで迷っていませんか? クルマに詳しくない方はクルマを選ぼうと思っても、 ...

 

購入予算を決める

ElisaRiva / Pixabay

 

車を使用する目的が決まったら、予算を設定しましょう。

すでに車をお持ちの方なら、無料の一括査定サービスなどを利用することで、買い取り額をアップして予算を増強することができます。

使用中の車があるなら一括査定を利用しましょう

高額査定を狙って無料一括査定サイトを利用するならオススメのサイトは、
高価買い取り率で評価が高い「ズバット車買取比較」と「かんたん車査定ガイド」です。

ただし、買取店から査定依頼の電話がかかってきますので、「たくさん電話がくるのは苦手」、「忙しくて電話の対応をする時間がない」などの理由で、一括査定サイトの利用に踏み切れない方が多いのも事実です。

 

電話が苦手ならグー買取もオススメ

そんなときにオススメなのが、中古車情報誌「Goo(グー)」でおなじみの株式会社プロトコーポレーションが運営する「グー買取」です。こちらも無料で利用できます

グー買取」は上記のような「一括査定」ではなく、お車の情報を入力後に買取り相場が提示され、登録されている買い取り店の中からユーザーが自分自身が選択して査定を依頼するスタイルになっています。

車を売却したいユーザーと買い取り店をつなぐマッチングシステムといった感じですね。

買取店に情報が一斉に配信されることがないため、営業マンから電話がかかってくることはありません

 

すでに買いたい車が決まっているならオークション形式がオススメ

すでに購入したい車が決まっていて、何件も電話を受けたり、業者ごとに査定をするのが苦手な方は「カープライス」さんや「車の買い取り査定サービスのUcarPac(ユーカーパック)」さんなど、インターネットオークション形式の買取サービスがおすすめです。

・個人情報はサービスを提供する会社だけが管理するので、電話や査定は1社だけで完結。
・「サービスを提供する会社が車を購入するわけではない」ので、安く見積もる必要がない。
・百戦錬磨の営業マンと価格交渉をする必要がない。

など一括査定にはないメリットがあります。

面倒なのは直営店や提携カーショップなどで1度査定を行う必要がある点でしょうか。

 

 

 

格安中古車をどこで購入するのか?

購入したい車のタイプと予算が決まったら、車の購入する方法(相手)を決めていきます。

一般的に中古車を購入する場合、中古車販売店、自動車ディーラー、個人売買の3つから選ぶことになります。

それぞれのメリットやデメリットがありますので、ひとつひとつご紹介していきます。

 

中古車販売店で購入する

こんな人にオススメ:
車種やスペックにこだわりがなく、予算の条件にあった車が欲しいならオススメの方法です。

高年式車から低年式車まで選ぶことができるので、選択肢が広いのも大きなポイントです。

 

中古車販売店で購入するメリット

  • トラブル時に販売店が対応してくれる
  • ネットなどに情報のない格安車がみつかることもある

一番のメリットは自宅や通勤先近くの販売店で契約することで、何かのトラブルの場合に修理の依頼など対応が容易なことです。

また、下取り(買取)直後の車など、ネットや雑誌に掲載していない車があったり、代車用に使用していた低年式車などを格安で譲ってもらえることもあります。

 

中古車販売店で購入するデメリット

  • 販売店によっては選べる車が少ない
  • 販売店によって対応が異なる

ネットワークを持たない店舗の場合、条件に該当する車が見つからないことがあります。
まれにアフターサービスや接客に問題が有る販売店もありますので、友人などでその販売店を利用したことのある方に聞いてみたり、ネットの口コミを下調べしておくと安心です。

車両によってが「現状渡しなどの条件」で「保証がつかない」場合もあるので、しっかり条件は確認しておきましょう。

 

 

 

ディーラーで購入する

こんな人にオススメ:

ディーラーの中古車は低価格の車が欲しいのではなく、高年式の車や上位グレードの車をアフターサービス付きで割安に購入できると考えた方が正解です。

それなりに予算に余裕がある場合や、特定のメーカーの車が欲しい場合にオススメです。

ディーラーで購入するメリット

  • 新古車が探せる
  • アフターサービスが万全
  • 販売網が広く出先でのトラブル対応がスムーズ

新車購入時の下取り車のほか、デモアップ車(展示・試乗車)など、ほぼ新古車のような上級グレードのフル装備車などを1年落ちで購入できたり、高年式車に強いことが多いです。

また、同系列の店舗から車両を取り寄せることができるので、現行車種で条件が合えば良い車を探しやすいです。

車両に長期保証やメンテナンスパックをつけたりなど、保証やアフターサービス(安心と信頼)を買うことができます。

 

ディーラーで購入するデメリット

  • 全体的に車体やサービスの値段が高め
  • 購入後に車検、イベントや新車買い替え促進の営業(電話)が入る(メリットでもあるのですが…)

信頼できる車を購入できる反面、保証できない車(販売基準を下回る低年式・過走行の車両など)は販売していないことが多いです。
そのため、サービスが充実する代わりに、どうしても購入金額が高くなります

 

 

個人売買で購入する

 

こんな人にオススメ:

最近ではインターネットオークション(ヤフオクなど)やフリーマケットアプリのメルカリなどで車を購入する方も増えています。

特定の車種がどうしても欲しい場合や、通常の相場よりも安い車が欲しい方。
ボロくても良いのでとりあえず足になる車が欲しい場合などにオススメです。

ただし、ある程度は不具合があっても容認し、ご自身でリスクをカバーできる必要があります。

 

個人売買で購入するメリット

  • 価格に販売店の利益が含まれないため、相場より安く購入できる。
  • 消費税が必要ない
  • 絶版車種や珍しいカスタムカーなどを譲り受けることができる

希少な絶版車やカスタムカーなどを購入することができたり、店舗の儲けが除外されている分だけ、格安で購入することができるなどのメリットがあります。

また、個人間の取引のため消費税が必要ありません

インターネットなどでオーナーズクラブなどのSNSで交流しているうちに、ワンオーナー車を安く引き継ぐことになった。なんてこともあります。

 

個人売買で購入するデメリット

  • 購入相手によっては車歴が不明
  • 保証がつかない
  • 取引相手が遠方の場合は陸送の手配や名義変更が面倒

車がどのような使い方をされていたか、一部を除いて修復歴・事故歴やメンテナンスなど車歴が不明な点。

また、個人間の取り引きなので、購入後のトラブルがあっても保証がつきません
相手が遠方の場合には現車確認ができないことが多いので、リスクを考慮して購入する必要があります。
支払いや名義変更が迅速に行われなかった際には、翌年の税金や事故時の所有者責任などでトラブルになる場合もあります。

完全な個人売買ではいくつかのリスクはありますが、中古車専用のフリマサイトを利用することで、車探しから支払い、名義変更、陸送、査定と保証の追加などを代行してくれるサービスもありますので、そちらを利用する方法がオススメです。

 

個人売買のリスクを軽減したいならこちらがオススメ

個人売買での購入で発生するリスクを少しでも取り除き、格安かつ安全な取引を行いたいあなたには、下記のような個人売買の手続き代行サービスがオススメです。

各サービスの特徴を紹介しておきますので、個人売買を考えているなら参考にしていただけると幸いです。

 

 中古車フリマ「クルモ」

IT大手、GMOインターネットグループのGMOカーズが提供するサービス。

  • PC・スマホでカンタン出品!ヤフオク!(有料オプション)にも出品できる。
  • 名義変更必要書類をご用意いただくだけで、面倒な法的手続はクルモが代行
  • 最寄のクルモ取扱店を指定して、全国輸送(納車)が可能(洗車・清掃サービス)。
  • 個人売買なので消費税が不要。
  • 個人の出品した車両と、プロの検査つきの限定直販車両の2種類から選べる。
  • クルモが代金を一時的にお預かりするのでトラブルを未然に防ぐことができる。
  • ヤフオク出品料無料、手続き代行無料などのキャンペーンあり。

 

Gulliverフリマ

中古車買取No1「ガリバー」の個人売買がおトクかつ安心して行えるサービス。

  • 決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などをガリバーが代行
  • 出品手数料も【無料】。
  • 個人売買なので消費税が不要。
  • 相場Naviで金額が分かりやすい。
  • 車両をガリバーが査定してガリバー保証がつく車もある。
  • 個人情報はガリバーが管理。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

中古車を購入する際にも、探している車や予算にあった探し方があります。

私自身も個人売買でスポーツカーを安く譲ってもらったり、中古車販売店で下取りしたばかりの古い軽バンを、車検付き17万円で購入しキャンピングカーに改造したりしたこともあります。

共通して言えることは、中古である以上は故障のリスクもあるので、ある程度の修理費を見越して購入したり、各種サービスを利用してリスクを減らすことが大切だということです。

使用目的や条件にあうのなら、個人売買で格安車の購入も悪くはないので、できるだけ情報を集めて納得できる買い物をすることが大切です。

 

それでは、あなたが最高の愛車と出会えることを願っています。

スポンサーリンク

個人情報が流れない車査定ならユーカーパックがオススメ

ユーカーパックは個人情報が業者に流れないオークション形式のサービスです。

査定は自宅(出張査定)か提携ガソリンスタンドで1度のみ。
あとは全国の登録業者、最大5000社があなたの車に入札します。
たくさんの電話攻撃や営業マンとの交渉で時間を取られることがありません。

-お得に車を買う方法
-, , ,

テキストのコピーはできません。

Copyright© Change cars.com みんなの愛車選び応援サイト , 2019 All Rights Reserved.